ワキガを改善するためのデイリーケア

ワキガを改善するためのデイリーケア

体質改善は、ワキガなどのニオイケアの基本です。

デオドラントクリームは、体質改善とあわせてじょうずに使うことで、その効果を発揮してくれるでしょう。

食事や生活習慣に少し気を付けるだけでも、体質は改善します。体質の改善度には個人差がありますが、ニオイケアのためだけでなく、美容や健康のためにもおススメです。

あわせてデオドラントクリームを使うことで、ニオイを意識しないで快適な生活を送ることができるようになります。

ワキガなどの体臭を抑えるための食事や生活習慣について、基本的なことをおさえておきます。

ワキガなどの体臭をおさえるための食生活

肉類や乳製品などの動物性タンパク質や脂質は、アポクリン腺の働きを活発にしますから、わきがの臭いの原因となる分泌物の増えてワキガの臭いを強めます。

また、ニンニクなどの臭いの強い食品も控えたほうが良いでしょう。 ニンニクを使った料理、美味しいんですけどね。

ワキガの臭いを抑えるには、穀類や野菜を中心とした食生活にすることが大切!

ビタミン類(A、C、E)を多く含むものを摂るようにしましょう。たとえば、モロヘイヤ、ニンジン、春菊、ブロッコリー、 小松菜、ニラが代表的な野菜です。

ブルーベリー、抹茶などはビタミンAを多く含み、わきがの臭いを抑えます。

食物繊維の多い食品は、腸を刺激して排泄を促進して、体内にニオイ物質が溜りにくくなります。

動物性タンパク質や脂質は、消化や分解に時間がかかるので、発酵した腐敗臭がカラダから発散する臭いを強くしてしまうことがあります。

アルコールなどの嗜好品について

アルコール、タバコ、コーヒーなども、ワキガの臭いを強める原因になっていますが、あまり神経質になりすぎると逆にストレスがたまって、ワキガを強めてしまうことにも。

お酒を飲むと、吐く息がくさくなりますが、からだ全体からも漂ってきます。自分では気づきませんが、お酒を飲まない人にとっては迷惑なニオイであることは確かです。

タバコもアルコールと同じで、ニオイの原因になることは想像がつきますが、コーヒーはナゼ?

コーヒーには、抗酸化作用があるクロロゲン酸が含まれていて、頭皮のニオイの原因になる皮膚の酸化を防いでくれます。さらに、消化機能を促進することで、便秘が解消するともいわれます。

ニオイケアには、最適な嗜好品のように思われますが・・・。

コーヒーに含まれる成分にカフェインがありますが、カフェインが交感神経を刺激して、皮脂の分泌を促進します。皮脂の酸化はニオイの原因になるので。コーヒーの飲み過ぎには注意したほうが良いようです。

入浴について

ワキガ予防に良い入浴法は、カラダをよく温めて毛穴を開かせることです。

毛穴が開くことで、中に溜まった汚れが落ち、ワキガの臭いのもとを取り除くことができます。また、発汗作用がうながされ、代謝が良くなることで、健康な汗をかくことができるようになります。

汗をかいたら逆効果になるじゃない?と思うかもしれませんが、それは間違い。現代人は汗をあまりかかないため、代謝が悪くベタッとした汗をかくことが多くなりました。これがニオイの原因に。

代謝を良くすることで、サラッとしたニオイのない健康な汗をかくことができるようになるわけです。

ムダ毛処理について

わきがの原因物質は、毛穴の脇にあるアポクリン腺という汗腺から出る分泌物ですが、この分泌物そのものは無臭です。

しかし、皮脂が含まれたこの分泌物にエクリン腺から出た分泌物が混ざり、雑菌に分解されて匂いが発生します。

わき毛は雑菌の温床になりますから、処理をした方が良いのですが、毛抜きで抜くのは禁物です。アポクリン腺が刺激され、分泌物の増加により、かえってわきがを悪化させてしまいます。

また、出血などにより肌を痛めてしまう可能性もあります。

わき毛は抜くのではなくて、良く切れるカミソリを使い、肌を傷つけないように優しく滑らせるように剃るのがコツです。優しく滑らせることで、アポクリン腺への刺激が少なくなります。

刃の切れが悪いカミソリは、肌を痛めアポクリン腺への刺激も大きくなりますので気をつけてください。

洗濯の方法について

衣類はしっかり洗いましょう。

衣類にしみ込んだ汗とわきがの元は落ちにくく、通常の洗濯では完全に洗い落とすことが大変難しいです。わきがの元が残った衣類を着て汗をかくと、匂いをエスカレートさせてしまいます。

”デオドラントを使っているのに効果がない”という方は、よく調べてみたら、衣類の臭いだったということが多いようです。

良く乾燥させるのがコツですが、重曹につけ置きしてから洗うのも効果的。また、40℃ぐらいのお湯で酸素系漂白剤を使用すると、雑菌を退治できるようです。

洗濯ものの生乾きの嫌な臭い、電車やエレベータの中などで気になります。 せっかくのデオドラントの効果も台無しになってしまうので、気をつけましょう。

ストレスも大きな原因

疲れやストレスが溜まる生活は、わきがの原因になります。

疲労が溜まると汗に含まれるアンモニアの量が増え、皮脂の分泌も増加するため、わきがの臭いも強くなってしまうのです。

ストレス解消法は人により様々です。音楽鑑賞、旅行、映画鑑賞、スポーツなど、仕事中でも、休憩タイムに軽い体操をする、人との談話など、短い時間でもストレス発散法はいくらでも見つかります。

是非、ストレスの少ない生活を心がけましょう。