第一印象は3秒では決まらない!?5つの心得

女性 デイリーケア

第一印象は3秒では決まらない!5つのポイント

初めての相手の第一印象は、いつまでも心に焼きついて残りますが、どのくらいの時間で決まるのでしょう。

メラビアンの法則によれば、”人の第一印象は、3秒で決まる”と言われています。”人は、見た目じゃない”とも言われますが、残念ながら、出会った瞬間のイメージが大きな比重を占めてしまうようです。

一般的には、「視覚情報」が55%、「聴覚情報」が38%、「話の内容」が7%とのことですが、実際には、アポイントの声のトーンや言葉遣いなど、出会う前の先入観から第一印象は作られはじめています。

もう少し言えば、出会ってからの時間経過で第一印象が変わることも。気が付いたら、なんとなく体臭が・・・、姿勢や歩き方が気になることも。

初めての人に会うとき、身だしなみや服装に気をつかうのは、だれしも同じですが、採用面接でもないかぎり、その後数時間は一緒にいるわけですから、そこで受けた印象も含めて第一印象と考えていいでしょう。

”今日会った人、どうだった?”と聞かれたときに、見た目だけでなく、エチケット・マナーや言葉遣いなどを含めて、”わりと良い感じ”とか”ちょっと無理”とかの判断をしませんか。

何回も会うことができれば、意外な一面をみつけて好意を感じるようになるかもしれません。しかし、職場の同僚でもないかぎり、挽回のチャンスは無いと考えるべきでしょう。

第一印象が決まるまでの時間

ある女性誌の調査によれば、初めてのお相手の第一印象は、”会った瞬間で決まる”という人が、男性では25.6%、女性では31.3%もいたそうです。

”会ってから2~3分以内に決める”人の合計は、男性68%、女性75.3%。一方で、”10分以上”という慎重タイプも、男性16.7%、女性13.2%

会社の採用面接でもなければ、会ってから数時間はいっしょにいるはずですから、時間が経つにつれて、最初の印象は変わっていきます。

まずはティータイム。そのあと映画を観たり、遊園地で遊んだり、最後は食事?

第一印象とは、会った瞬間の印象のことだと思われがちですが、話題が合わない、会話に広がりがないなど、時間経過にともなう評価も、会った日の第一印象として相手の心に刻まれることになります。

第一印象・5つのポイント!

第一印象を決めるポイントは、つぎの5つです。このポイントをしっかりおさえておけば、初めての相手に悪いイメージを持たれることはないでしょう。

  • 視覚情報
  • 聴覚情報
  • 嗅覚情報
  • 話の内容
  • エチケット・マナー

メラビアンの法則の法則では、「視覚情報」「聴覚情報」「話の内容」の3つが挙げられていますが、「嗅覚情報」と「エチケット・マナー」は外せません。

最近、スメルハラスメントが問題になっていますが、最初の3秒の印象がいくら良かったとしても、体臭やわきがなどのニオイケアが適切でなければ、その後のあなたの評価は大きくマイナスに。

逆に、最初の3秒間での第一印象があまり良くなくても、その後のエチケット・マナーや会話の内容次第では、好印象を持たれるかもしれません。

各項目のそれぞれのポイントを、簡単にまとめました。

<視覚情報>

  • 服装のセンスがいい
  • 服装はTPOに合っている
  • 清潔感がある
  • 髪がととのえられている
  • 厚化粧していない
  • 表情が明るく笑顔かある
  • 落ち着いた目線
  • 固すぎない礼儀正しさ

<聴覚情報>

  • 声のトーンが明るくさわやか
  • テンポは速すぎず大きさにも注意
  • ていねいな言葉づかい

<嗅覚情報>

  • 体臭、とくに口臭に注意
  • フレグランスは強すぎず体臭に合ったもの
  • 洋服に沁みついたニオイは禁物

<話の内容>

  • 会えたときの喜びを伝える
  • 会話の途中で、「えー」「あー」を連発しない
  • 聞き上手になる
  • 相手の年齢と立場をわきまえた言葉づかい

<エチケット・マナー>

  • レディーファースト
  • 食事のマナー
  • 会計の仕方

エチケットやマナーでは、普段のクセがつい出てしまいます。また、無理にあらたまりすぎても不自然に。

日常の生活習慣を見直して、いつでも自然に振舞えるように、直せるところは直しておくのがポイントですが、ファーストコンタクトでは特につぎの点に注意しましょう。

男女平等と言われても、レディーファーストは基本です。食事でのエチケットやマナーは、国ごと料理ごとに違いますが、レディーファーストに異論がある方はいないでしょう。

箸の持ち方が上手な外国人

日本人として、特に気になるのが、”箸の持ち方”。

テレビ番組の有名人の食レポで、箸を正しく使っていなかったり、肘をテーブルについたまま食事をしているのを見ると、ガッカリしますね。

これまでだれも教えてくれなかったの?と疑問を感じることも。

最近、箸の使い方が上手な外国の方が多くなりました。日本料理を食べるときの所作も、きれいです。動画や本などで、学んでいるようです。

それだけに、日本人として、最低限のエチケット・マナーは身に付けたいところです。

会計のマナー

最近は、デートのときでも、食事代を女性と割勘にすることがあるようですが、基本的には男性が支払うのがマナー。

ビジネスシーンでは、接待する側が会計するわけですが、できれば相手に悟られず、適当なタイミングで済ませたいところです。そろそろお開きに近くなってきたら、電話などを理由に席を立ち、先に会計を済ませておきましょう。

ヨレヨレの財布や中身を見られないで済みますし・・・。最後は、しっかり締めくくりましょう。

まとめ

第一印象は、視覚情報である”見た目”が大事であることは言うまでもありません。しかし、会ってすぐに別れるわけではありませんから、その後一緒にいる時間のなかで、その評価は変わります。

なかでも、嗅覚情報は、言葉に出さなくても、一緒にいれば自然に入ってきますから、強いフレグランスなどは避けるべきでしょう。さりげなく香るぐらいが、適度な刺激となって、相手の記憶に刻まれます。

それに、繊細な料理にニオイは禁物。フレグランスはもちろんですが、ワキガなど体臭が強すぎるようであれば、事前にケアしておいたほうがいいでしょう。

【医薬部外品】のデオドラントクリームの多くは、わきが臭などの原因になる殺菌成分と合わせて、制汗成分も適度に配合されていますから、朝1回のケアで快適に1日を過ごすことができます。

もし、わきが臭が強いようであれば、日中の塗りなおすことが必要かもしれません。プッシュタイプ『ノアンデ』やクリームタイプ『クリアネオ』のように、携行性にすぐれたデザインのデオドラントがありますので、バッグの底に忍ばせておくと安心です。

「ノアンデ」「クリアネオ」選ぶならどっち? 違いは?
「ノアンデ」と「クリアネオ」、わきが対策デオドラントとしてどちらも効果には定評がありますが、どっちがいいか迷っていませんか? 結論から言えば、デオドラント効果だけを考えるならどちらも同じと考えてよいでしょう。 ノアンデ ...

NOANDE ノアンデ
ノアンデ

ノアンデ公式サイト

CLEANEO クリアネオ

クリアネオ公式サイト