ワキの臭いの原因はシャツの汗染みかも!

デイリーケア

汗ばむ季節になって、気になるのが、シャツの汗染み!

グレー系の綿シャツだと染みが目立って、恥ずかしくなるときがあります。人と会う前に、汗染みに気づいて、エアコンの吹出し口で乾かそうとしてもそう簡単には乾きません。

汗染みだけならいいんですが、ニオイがあると・・。

最近、スメルハラスメント、略してスメハラという言葉をよく耳にするようになりましたが、わきがはその代名詞のようなもの。脇汗、特にわきがだと、汗が乾いても強烈なニオイが残ります。

廊下ですれ違ったときに鼻をつくわきが臭は、しばらく脳の記憶に刻まれて忘れることができません。まして、オフィスでデスクが隣なら、その場を逃げ出すわけにも・・・。

衣類の黄ばみ

洗たくしたて衣類なのに、着てしばらくすると、嫌なニオイが漂ってくることがあります。生乾きのシャツなら納得ですが、しっかり乾燥させたはずなのに・・・。

もしかしたら、衣類に黄ばみが残っていませんか?

汗や皮脂は、生地にしみ込んで繊維としっかり絡まるため、ふつうに洗濯してもすべてを落としきることはできず、少しづつ蓄積していきます。蓄積した汚れは、時間とともに酸化し、成分が変化することで黄ばみとなります。

繊維の奥まで入り込んでしまった皮脂や汚れは、通常の洗濯ではなかなか落とすことができません。洗たくしたつもりでも、雑菌が再び増殖することに。

わきがが原因の黄ばみ

わきがによる黄ばみは、通常の黄ばみとは、そのメカニズムが違います。

わきがの黄ばみは、アポクリン腺からの分泌物に含まれる「リポフスチン」という色素成分が原因です。わきがの黄ばみは、通常の黄ばみとは原因が違うので、漂白剤だけで落とすのは難しいようです。

わきがによる黄ばみは、重曹(炭酸水素ナトリウム)に漬け置きしてから洗濯することで落ちやすくなりますが、衣類の汚れや黄ばみが残りやすい方は、洗濯方法をいろいろ試してみるとよいでしょう。

衣類の黄ばみを落とす洗濯法

衣類の黄ばみを落とす方法は、ネットでもいろいろ紹介されています。なかでも、固形石鹸「ウタマロ」や重曹を使う方法がよく知られています。

普通の洗濯では落ちない黄ばみでも一定の効果がありますが、私の経験では、長期間放置した頑固な黄ばみにはあまり効果がありませんでした。多少、黄ばみが薄くなる程度でしょうか。

テイジンのHPには、「洗濯物の悪臭対策!においを落とす方法5選」として、つぎの項目が紹介されています。

  • 洗濯洗剤を強力なものに替える
    ・人の皮脂や汗は弱酸性なので、皮脂・汗の汚れに強い「弱アルカリ性粉末洗剤」を使うことで、汚れが中和され落ちやすくなります。
  • 洗濯洗剤・柔軟剤は適量使用する
    ・洗剤は多いほうが良く落ちると思いがちですが、洗剤が規定量以上だと、すすぎで十分に洗い流されずに雑菌の餌になり、雑菌を増殖させてしまう恐れがあります。
  • 酸素系漂白剤でつけ置き洗いする
    ・どうしても臭いが落ちないときは、40℃~50℃程度のお湯に、水量に合った規定量の酸素系漂白剤を入れ、10分~30分程度つけ置き洗いします。
  • 40℃程度のお湯で洗濯する
    ・40℃程度のお湯は、漂白剤や洗剤の働きを最も活性化させ、さらに、衣類に付着した皮脂などの「タンパク質汚れ」を溶かします。
  • 頑固なにおいには煮洗いを試す
    ・どうしても臭いがとれないときは、お鍋に洗剤を入れてお湯を沸かし、その中で衣類を20分~30分程度煮る「煮洗い」を試してみる。

繊維の総合メーカーらしく、徹底した黄ばみ除去法が紹介されていますが、なんといっても一番は、ひどくなる前にこまめに洗濯するのが一番です。

ただし、40℃程度のお湯で洗濯することは、必須条件。常温の水道水でそのまま洗濯するのは、避けたほうがよさそうです。

わきがと多汗症へのケア

衣類の黄ばみは、わきがや多汗症のバロメーターと言えますが、そのメカニズムには違いがありますから、自分の体質にあったケアをするのがポイントです。

わきがはアポクリン腺から分泌される汗で、脂質やたんぱく質などの成分が含まれるため、粘り気がありますが、汗そのもののニオイはそれほど強くありません。分泌された汗が、皮膚の常在菌によって分解されることで、わきが特有のニオイが発生します。

一方、多汗症は、エクリン腺から分泌される汗の量が多い症状で、ほとんどが水分。サラサラした汗ですが、皮膚の雑菌によって分解されることで、嫌なニオイが発散されます。

わきがと多汗症は併発していることが多いので、汗を抑えるだけでなく、殺菌作用があるデオドラントを使うのが効果的です。

デオドラントクリームについて

デオドラントは、わきがなどの臭いケアだけでなく、汗を抑えるロールオンやクリームなどを総称して呼ぶことが多いですが、本来、消臭効果(殺菌作用)が認められた医薬部外品(薬用)の商品に使うべき用語です。

海外で人気のデオドラントは、日本製の医薬部外品(薬用)と同じ成分を配合していたとしても、医薬部外品として承認されているわけではありませんから、厳密には、デオドラントと呼ぶのは正しくないのかもしれません。

制汗に重点をおいた商品は、デオドラントと呼ばれていても、殺菌効果が期待できません。

『デオエース EXプラス』『デトランスα』『ドクターデオスピード』は、海外でも人気のデオドラントですが、強い成分が配合されているものもありますから、肌に合うことを確認してから使うことをおすすめします。

海外の人気デオドラント『デオエース EXプラス』『デトランスα』選ぶなら!?
『Deo-Ace(デオエース)EXプラス』は、どちらも人気が高い『デトランスα(パースピレックス)』の公式ショップ・YOUUPが取り扱っています。 Deo-Ace(デオエース)EXプラスは、これまではポーランド製だけでしたが、日本国内製造...

日本製のデオドラントは、医薬部外品(薬用)として殺菌成分と制汗成分があわせて配合されていますが、肌にやさしいのが特徴です。

「ノアンデ」「クリアネオ」選ぶならどっち? 肌に優しい有効成分
「ノアンデ」と「クリアネオ」、わきが対策デオドラントとしてどちらも効果には定評がありますが、どっちがいいか迷っていませんか? 結論から言えば、デオドラント効果だけを考えるならどちらも同じと考えてよいでしょう。 ノアンデ ...

海外製品のなかでも、ポーランド製『デオエース EXプラス』は、肌にやさしいことで人気ですが、日本で製造された『薬用デオエース EXプラス』が最近発売になっています。

”薬用(医薬部外品)”として、殺菌成分と制汗成分が配合されているだけでなく、美容成分があわせて配合されていますから、女性にはうれしいデオドラントと言えます。

自分の肌と目的に合ったデオドラント、見つけてください。



薬用デオエースEXプラス